仮想化基盤の利点について

バナー

仮想化基盤の利点について

業務システムを構築するという場合には、各部門からの要求に合わせて必要なメモリや仮想化基盤などをその都度計算して払い出すようになっています。
しかしここでその要求が増えればそれだけ管理が複雑になってしまいます。



したがって空きリソースの把握が難しくなってしまい、リソースが活用できなかったり全体の使用状況を確認するのに手間や時間ががかかってしまうというような課題があります。


しかし仮想化基盤ではあらかじめ払い出すリソースのパターンが決められているので、ここで必要なリソースの規模を算出する手間がかかりません。

要求に合わせたパターンを選ぶだけで簡単に払い出しをすることができるという特徴があります。

リソースパターンの積み上げを算出するだけで、現在の空きリソースを把握することができるというのは大きなポイントです。


その結果利用状況に合わせたソース配分や全体が最適になるような効率化されたITリソースの管理をすることができます。自分の会社でどの程度の映ソースが必要になるかということは利用してみないとわからない部分が多いですが、仮想化基盤ではサーバやストレージなどが増設ユニットとして用意されているので、小さな規模から始めても実際の利用状況に合わせて増設ユニットを追加することができます。



その結果スムーズで無駄がないリソース拡張を行うことができます。

あなたにオススメのOKWave情報の公開中です。

導入後1年から2年が経過して拡張を考えたという場合でサーバやストレージが後継モデルでも、旧モデルの製品との組み合わせを可能な範囲で実施することができます。