仮想化基盤の技術はどんなものか

バナー

仮想化基盤の技術はどんなものか

仮想化基盤という言葉があります。

仮想化基盤とは、オペレーティングシステムとそれに乗っかっているソフトウェア、そして接続されるハードウェアを全て一つの仮想環境上に再現するシステムのことを指しています。

期待できるNAVERまとめ情報を集めているサイトです。

この仮想化基盤の技術はビジネスの世界でも幅広く利用されていて、欠かすことの出来ないものになりました。

仮想化することの大きなメリットの一つとして、物理的なハードウェアパーツを必要とせずに仮想環境上で再現出来たことにあります。
物理的なものは物を置く場所をとりますし、それを製造するにも素材を採掘して加工して組み立てることが必要になります。

物理的な物を扱うというのはとてもコストが掛かります。


それらを全て削減して仮想化してしまうことで、様々なコスト削減が可能になっています。

OSの仮想化のメリットは、本来ならばパソコン本体に搭載されているハードディスクに一つだけインストールするという基本概念を無くし、一つのパッケージとして仮想環境を1ファイルにまとめることで手軽に扱えるようになります。



さらに、OSを仮想環境上で動かすということは、OS環境の中にOS環境を保持することでもあります。

仮想化されたOS環境は、外部から弄りやすくなっているので設定変更も楽にできることがメリットになります。



そしてOSとハードウェアが一つの仮想環境に同居しそれぞれが連携することによって、パソコン一式の仮想化が完了することができます。