仮想化基盤を使うとアプリ開発の作業効率も上がります

バナー

仮想化基盤を使うとアプリ開発の作業効率も上がります

仮想化基盤という技術があります。


この仮想化基盤はOSやハードウェアパーツの機能を一つの仮想環境上で再現をする技術のことを言います。
仮想化基盤の技術はとても革新的で、ビジネスの世界でも広く普及されていることで有名です。

仮想化基板を使い提供されているサービスも数多くあり、ネットワークサーバやWEBサービスとの関わりが強い技術になります。

この仮想環境を使うとアプリ開発でも効力を発揮します。

NAVERまとめ情報を厳選して紹介します。

仮想環境ではソフトウェア上でOSとソフトウェアなどを動かせますが、その影響範囲は仮想環境の中だけにとどまります。

つまり、仮想環境内で起きた出来事は、外部には漏れないということです。



このメリットを活用することがアプリ開発の作業効率を上げるために重要になります。


具体的な活用方法としては、まず仮想環境にOSをインストールします。

その後にインストールされた仮想ディスクをコピーしましょう。



コピーすることでバックアップが可能になります。そうしたら、作ったアプリをその仮想環境に放り込むことで実験環境が完成です。


このように外部に漏れない仮想環境を利用すれば外部に影響を与えずに安全にアプリの動作を確認できます。


もしバグが出て仮想環境の中のシステムが壊れてもバックアップがあるので、直ぐに元に戻せるというわけです。
仮想環境を構築するソフトは個人でも無料で入手し手軽に扱えますから、個人のアプリ開発者にとっても有効な技術になっています。