仮想化基盤サービスを上手く使っていこう

バナー

仮想化基盤サービスを上手く使っていこう

仮想化基盤サービスを上手く活用すればビジネスの幅も広がり、個人作業の効率化なども可能になります。

仮想化基盤とはOSやハードウェア仮想的に再現する環境全体を指しています。

OSを仮想環境で動かすことで様々なメリットがあります。

OKWaveの詳細はこちらで簡単に調べられます。

仮想環境とはソフト上で再現されている環境ですので、例えばメモリの容量を設定を変えるだけで簡単に変更もできます。

本来ならばハードウェアの構成を変えるためにはメモリパーツを入れ替えたり、CPUを換装したりと物理的なパーツの入れ替えが必要でした。

ですが仮想環境であればそれらは必要無くなります。

物理的なハードウェアを扱わないことこそが仮想化基盤の革新的な技術の特徴といえます。



この技術はビジネスの世界でも幅広く利用されていて、大手のクラウドサーバはほとんどがこの仮想環境を使って提供されています。



大規模なサーバ群を仮想環境として動かすメリットは、冗長性に対応できることが挙げられます。

冗長性とは、複雑な手間を必要とせずにスケールアップやスケールダウンを可能にする技術です。冗長性が高ければ、小規模なWEBサービスが有ったとして、たった数日でアクセス数が数百倍になったとします。

そのような場合にもサービスを停止すること無く、処理の許容量だけを上げることが可能になります。

具体的には、最小限の処理量だけを必要とするプランでレンタルしていても、設定を変更するだけで大規模なサービスを運用するのに十分な処理量を持つプランに変更することも出来るわけです。