仮想化基盤技術で成り立っているサーバが多い理由

バナー

仮想化基盤技術で成り立っているサーバが多い理由

仮想化基盤という技術が今では広く普及しています。
この仮想化基盤の技術とは、OSやハードウェア、それに付随ソフトウェアなどを全てひっくるめて仮想化してしまうシステム全般を指します。



この仮想化基盤はサーバ提供サービスにおいてとても重要な役割を担っていて、これなくしてはサーバが提供できないというところまで来ています。
それほど重要な技術は一体どのように利用されているのか、どんなメリットがあるのかを理解していくことで知識を深めていきましょう。サーバ提供サービスとは、提供プランごとにCPUの早さやメモリの大きさが違っています。

提供プランは安くなるほどCPUやメモリの容量は少なく小規模向けのサービスを動かすのに適していますし、量が多ければ当然大規模なサービスを運用することに適しています。



このCPUやメモリの量は、仮想化技術が出る前は提供プランごとに物理的なパーツを用意してサーバ一式を組み立てていく必要がありました。
このやり方では、提供プランの廃止や新しいプランの新設をする際に、サーバの入れ替えをしなければならず、サーバを管理する人の肉体的な手間も増えていってしまいます。

livedoorニュースのココだけの話をしましょう。

全て仮想化することが可能になったことで、サーバは同じものを用意して、もしプランが廃止されてもそれを使いまわすことができます。

搬入コストを減らしさらにサーバを無駄なく利用できるため、サーバの仕入れコストが大幅に削減できるようになりました。